二酸化塩素ならDIOX(ディオックス)製品を! DIOX(ディオックス)は、 ㈱環境衛生のオリジナルブランドです

ディオックスタブレット(二酸化塩素発生剤)

  • HOME »
  • ディオックスタブレット(二酸化塩素発生剤)
ディオックスタブレット二酸化塩素剤
ディオックスタブレット(二酸化塩素発生剤)

ディオックスタブレット TB-20
公益社団法人全国水利用設備環境衛生協会推奨品(19-036)となっております。

ディオックスタブレットTB-20 公益社団法人全国水利用設備環境衛生協会 認定証

公益社団法人全国水利用設備環境衛生協会ページはこちら

循環式浴槽のレジオネラ症防止対策

ディオックスタブレット温浴施設レジオネラ菌対策としてご利用頂いております

レジオネラ菌属菌とレジオネラ症

  • レジオネラ属菌は、自然界の土壌や淡水に普通に生息している細菌なので、水を使った人工の建造物、ビルの冷却塔や温浴施設で、一定の条件下になると増殖します
  • 衛生管理の行き届かない温浴施設で増殖すると、人命まで奪う危険な状態になります。入浴者に付着してたり、土埃などと一緒に浴槽水へ持ち込まれます。
  • レジオネラ属菌は、レジオネラ症という感染症を引き起こします。
  • レジオネラ症は、感染すると、抵抗力があれば風邪のような症状が続いたあと、自然治癒してしまうことが多いようです。しかし、抵抗力が弱いと肺炎を起こして重篤な状態となります。
  • レジオネラ症は進行が早く、有効な抗生物質の投与がなされないと、発病から2~3日で死亡することもあり、致死率は60~70%にも達します。また、回復しも、肺に疾患が残り、重い後遺症に悩まされます

循環浴槽のレジオネラ菌汚染の原因

  • 常時塩素で消毒しているはずの温浴施設でもレジオネラ症感染事故が起きています。
  • 原因としては、せっかく配管洗浄をおこなっても塩素消毒だけでは生物膜やアメーバ等の発生を防ぐことは難しく、2週間程度で元の菌数まで回復してしまうのです。
  • 浴槽水中に低濃度の塩素が残留している状態ではレジオネラ菌はすぐに死滅しないため、循環経路内にバイオフィルム(生物膜)アメーバが存在しているとそこに入り込み、塩素から守られた状態の中で爆発的に増殖していきます。バイオフィルムとは、有機物を栄養源として集まった微生物が、その排出したもので作ったぬめりのことです。実は、微生物がバイオフィルムの中で生息するのは、そこが薬剤や殺菌剤などの外敵から身を守るためにバリアとして働いているからです。
  • 通常、浴槽水は塩素などで消毒されていますが、バイオフィルムに保護されたアメーバは、塩素などの消毒剤に、強い抵抗力を持っています。レジオネラ属菌は、このアメーバに寄生し、バイオフィルムに守られて生活しています。扉に守られているようなものです。
  • つまり、バイオフィルムこそがレジオネラの「巣」なのです。
  • そのため、温浴施設では、浴槽水の消毒もさることながら、バイオフィルムの除去と付着防止を徹底することが、非常に重要になります。

レジオネラ菌対策で二酸化塩素が選ばれる理由

塩素管理しているのにレジオネラ菌が検出されてしまった施設は、今までと同様な管理方法では再発する可能性が高く、他の薬剤併用を検討する必要があります

まず、過酸化水素は、生物膜の除去効果が高い反面、費用が高額(数十万円)で長時間の作業を要するため、休館日に実施されるのが一般的です。これでは現実的に頻繁におこなうことは難しく、せいぜい年に1~2回が限度と思われます。


レジオネラ
菌が高い数値で検出されてしまった際は過酸化水素で一旦リセット(ゼロクリア)し、生物膜が再付着するサイクルを延ばすために効果が高い二酸化塩素を定期的に使用する方法をお勧めいたします

塩素管理と併用して二酸化塩素を選ぶ理由は、“低コスト”と“利便性”

二酸化塩素を利用しているお客様の多くは、過去にレジオネラ菌検出されてしまった施設か、施設を利用されるお客様への信用を失墜しないよう危機管理を徹底を採用理由としています。

各都道府県が定めている「公衆浴場法施行条例」や「旅館業法施行条例」を順守するために、地域によっても異なりますが、循環浴槽配管等の定期除菌・洗浄で月に2~4回程度は利用されています

このような使用頻度では、「簡便」且つ「低コスト」でなければ継続することは難しいと思われます。

二酸化塩素の流通を可能にしたディオックスタブレット 
次世代の優れた除菌剤 ~二酸化塩素発生剤

二酸化塩素は塩素より強力な殺菌性を有し環境にやさしい薬剤として、世界の主要国では、食品・飲料水・環境の分野などで水の消毒殺菌等に幅広く使用されている。それに対して、日本では次亜塩素系の薬剤は広範囲で使用されているが、二酸化塩素は一部の用途に限定され、それほど普及していない。その大きな理由は、二酸化塩素が安全に持ち運べる形の液体や粉体の製品がなく、簡単に利用できなかったからと言える。

酸化塩素が、次亜塩素のように流通できる製品となれば、その用途は塩素系薬剤以上に広がると予想される。それには、コスト的な要素もあり総合的な利点で判断される。

革新の技術開発により、ディオックスタブレットは流通性、保存性、コスト面の両方を解決しました。

1. ディオックスタブレットの特性

  • 強力な除菌効力(広い範囲のバクテリア菌、カビ菌、原生動物、胞子)
  • 広い反応(短時間の接触で目標とする微生物を数秒以内の一瞬で除菌する)
  • 低腐食性(通常使用濃度においては腐食性は見られない)
  • 人体に対する低い毒性(食塩より毒性の低いLD50)
  • 環境における微生物分解が有り環境にやさしい
  • 有害な副産物(発がん性のトリハロメタンなど)を発生しない
  • 広いpH範囲(pH1~pH10)で有効
  • 製品の運搬・保管が安全・容易
  • 使用方法が簡単(費用がかかる教育訓練や器具を必要とせず、少量から大容量まで)

2. 流通(容易な運搬)を可能にした技術

二酸化塩素は、優れた特性がある一方、安全・容易に運搬することが難しい物質である。二酸化塩素の利用方法として、二酸化塩素を生成する装置もあるが、小規模用途においては、コストも高く実用的とはいえない。また、二酸化塩素は手動で薬剤を混合して造ることもできる。しなしながら手動で造ると収量も低く、また作業が危険である。

3. 製品の仕様・用途

現在、日本で利用が広がっている用途は、浴槽水及び冷却系配管のバイオフィルムの殺菌処理である。循環配管の内壁には、ねばねばしたバイオフィルム(生物膜)が生成されやすく、レジオネラ属菌の温床となる。このバイオフィルムの中にアメーバーなどの原生動物が繁殖し、レジオネラ属菌がその中に寄生する。異常発生したレジオネラ属菌が浴槽水や冷却水に流れ込んで人に感染する。浴槽水や冷却水を塩素殺菌しただけでは、このようなレジオネラ属菌が内部に生息しているバイオフィルム殺菌することはできない。二酸化塩素が有効であることが確認され、多くの設備で実施されている。

ディオックス タブレット TB-20

名称

二酸化塩素(ClO2)発生錠剤 「ディオックスタブレット TB-20

製品仕様

外観:白色丸錠剤 重量:20g/1錠 濃度:10% 溶解速度:約1分(20℃)
5錠入樹脂ケース

使用方法

水に投入すると、素早く溶解して、二酸化塩素溶液となります。

5錠を10tの水(浴槽水)に溶解するとClO2 1ppmの濃度になります。

ディオックス タブレット TB-20 (1錠/20g) 投入量早見表①

ディオックスタブレットTB-20投入早見表

ディオックスTB-20タブレット(1錠/20g) 投入量早見表②

ディオックスタブレットTB-20 投入早見表2

ディオックスタブレットTB-20(1錠/20g)高濃度処理投入量早見表

ディオックスタブレットTB-20高濃度投入処理早見表3

中和剤使用量 ※高濃度処理後に中和剤が必要です。

ディオックスタブレットTB-20高濃度処理 中和剤投入量

4. 二酸化塩素発生の仕組み

二酸化塩素発生の仕組み

5. ディオックスタブレットの使用の注意事項

  • 本品は食べられません。
  • 小児の手の届かない場所に保管してください。
  • 錠剤は飲まないように注意してください。誤って飲み込んだ場合には医師の診断を受けてください。
  • 万一飲み込んだ場合は、すぐに多量の水を飲み吐き出してください。
  • 万一目に入った時は、すぐに大量の水で洗い流してください。
  • ガスを吸い込まないようにガスマスクを使用してください。
  • 直接皮膚に触れないでください。皮膚に触れた時は直ぐに水で洗ってください。
  • 木材、色物の繊維、皮革製品などは、事前にテストしてからご使用ください。
  • 本製品は、高温、高湿、直射日光の環境に保管しないでください。また、保管場所の換気は良くしてください。
  • 金属、樹脂、ゴムなどで変質の可能性が有る物は、使用後に水拭きしてください。
  • 使用中に違和感を感じた際には、ご使用を中止してください。
  • 使用する環境によっては、期待する効果が得られないことがあります。
  • 少容量の容器に多数個の本錠剤を溶解すると高濃度の二酸化塩素ガスが発生し危険です。
  • 初めての使用時には、安全を確認するのため本製品を少量ずつ注意して入れてください。
  • 本錠剤の溶解中は、室内の換気を十分にして作業してください。
    用途以外には使用しないでください。

ご使用例:循環浴槽系統内の場合

使用薬剤:ディオックス タブレット TB-20

作業内容

  1. 浴槽吸い込み口近辺またはオーバーフロー回収溝へタブレットを投入
  2. ろ過循環運転(投入後まもなく、ろ過機を通って二酸化塩素が浴槽へ戻ってきます。)
  3. 止水ポイントのバルブ調整(二酸化塩素を配管内に行き渡らせます)
  4. ジェットやバイブラ等の気泡発生装置作動(運転⇔停止を数回繰り返す)
  5. 中和、逆洗、排水、すすぎ、循環 (高濃度処理の場合)

注意事項

  1. 少量の水にタブレットを溶かすことは高濃度になるので危険です。1錠あたり10L以上の水量を守ってください。
  2. 浴槽底面部が酸化によって変質の可能性が有る場合は、タブレットの直接投入は避けてください。大きめの茶巾布袋タブレットを入れて、口を閉めずに投入してください。
  3. ガスを吸い込まないように対応可能なマスクをしてください。
  4. 直接手に触れないように、手袋を着用してください。
  5. 保護メガネで、目を守ってください。
  6. 浴槽水用にご使用の場合、ヘアキャッチャーには入れないでください。浴槽に入れてください。

6. おわりに

二酸化塩素は次世代の優れた除菌剤との定評があるが、その欠点であった不安定性、運送困難な形から、安定で安全かつ容易に運搬可能な形が誕生したことで、無限の市場性が期待できる。

除菌効果のみならず、脱臭効果も非常に優れている。臭いの原因は、雑菌の死骸や有機物の腐敗により発生している場合が多い。従って、腐敗菌を除菌すれば清浄化され、臭いは元から絶たれる。

各種の殺菌剤が現在使用されているが、それらは安全性の側面から見直す目が厳しくなっている。例えば、ハロゲン系殺菌剤(塩素系薬剤)はガンを引き起こす原因物質(トリハロメタン)を生成することによる影響。

将来を考えた安全面においても、二酸化塩素は他の従来薬剤に代わりに選ばれる可能性が高い。

パンフレット

TEL 03-6268-9407 9:00-17:00[ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社 環境衛生 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.